野球まるごとチャンネル

野球オタクがお送りする、野球好きのためだけに作られたブログです。
NPB、MLB、高校、大学、社会人と全ての野球関連の記事と最新の道具やオススメの道具をご紹介いたします。

    カテゴリ: 野球ニュース


    元早実、早大、JX−ENEOSのエースが米独立リーグデビュー!!


    斎藤佑樹に憧れた早実「背番号1」が米挑戦 ガス営業マン生活で覚醒した“奇跡の物語” - THE ANSWER
    かつて斎藤佑樹に憧れ、「WASEDA」の背番号1をつけた男が、明日2月13日、サラリーマン生活から一転、異例のアメリカ挑戦に打って出る。「やるしかないんです」――。
    (出典:THE ANSWER)



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    高校時代を覚えているなぁ。良いピッチャーだったし頑張ってほしい。

    早実、早大で活躍した前JX-ENEOSの内田聖人が14日、デビュー戦で0回0/3で2四球無安打3失点(自責0)

     早実、早大、JX-ENEOSに所属し、今季から米独立リーグニュージャージー・ジャッカルズでプレーしている内田聖人投手が13日(日本時間14日)、本拠地のヨギ・ベラ・スタジアムで行われたサセックスカウンティー戦で登板した。0回0/3で2四球、無安打3失点(自責0)で敗戦投手となるホロ苦いデビューとなった。

     6月1日から渡米し、チームに帯同しながらロースター入りを待っていた内田。その後、選手登録をされ、背番号10のユニホームに袖を通した。そして、迎えた独立リーグデビュー戦。0-0で迎えた8回表からマウンドに上がったが、2者連続四球で一、二塁のピンチを招き、自らの失策で2失点。救援した投手も打たれて3失点した。

     内田は2月、米国を舞台にプロ契約を目指したトラベリングチームアジアンブリーズ」への参加をきっかけにジャッカルズとの契約を勝ち取っていた。ビザ取得後に渡米しようとしたところ、ジャッカルズは好調。ロースター枠に空きがなく、渡米してチームに帯同しながら正式選手登録を待った。

     6月のジャッカルズ合流後は好調を感じ取っていた。「着いて3日間はすぐ試合だと思って調整してきたこともあって、(2月の)アジアンブリーズの時よりも調子がいいですね」。デビュー戦で結果を出せなかったが、内田は渡米直後から「まずは試合で投げてみて、結果を受けてから対応しなければなりません。どうするかは自分次第です」と前向きだった。この結果を成長の糧とするつもりだ。

     13日以降の登板はまだない。それでも、内田は「既に日本で『自分の力を発揮すれば通用するのではないか』というレベルまで自信をもって調整ができています」と力強いコメントをしている。甲子園優勝した斎藤佑樹(現日本ハム)に憧れ、地元・伊東から進んだ名門・早実では2年夏の甲子園に出場。背番号1を着けた3年夏には「佑ちゃん2世」と言われたこともある。「明日、昇格か、もしくは戦力外か」というシビアな世界となるが、内田の異国の地での奮闘に期待したい。(豊川遼 / Ryo Toyokawa)

    米独立リーグ・ニュージャージー・ジャッカルズの内田聖人【写真:豊川遼】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【元早実、早大、JX−ENEOSのエースが米独立リーグデビュー!!】の続きを読む


    張本氏「アメリカ投手の質が落ちた」サイクルヒット達成の大谷に持論を展開しSNS炎上!張本の現役成績は?


    張本 (はりもと いさお、1940年6月19日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家、日本プロ野球名球会会員、韓国野球委員会(KBO)コミッショナー特別補佐官。在日韓国人二世であり、本名は (読みがな:チャン・フン、ハングル:장훈)。
    117キロバイト (18,049 語) - 2019年6月16日 (日) 04:56



    (出典 www.jiji.com)


    まぁ張本らしいっちゃらしいなww

     16日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が13日のレイズ戦で1試合に本塁打三塁打二塁打ヒットを全て放つ「サイクルヒット」を達成したアナハイムエンジェルスの大谷翔平選手について独自の見解を示し、物議を醸している。

     13日に行われたレイズ戦で、メジャーリーグ日本人選手としてはイチロー氏でもなし得なかったサイクルヒットを達成した大谷選手の様子を見た張本氏は、

     「この選手は運が強いね。このサイクルヒットというのはね、力だけじゃないからね。まずホームランを打てなきゃいけない。足が速くなくちゃいけない。三塁打が一番難しいから」

     と大谷選手が強運の持ち主であることを力説する。さらに、

     「逆を言えば、アメリカピッチャーは質が落ちたね。だらしがないね。昨日も今日も2日続けてサイクルヒット出した選手がいるんですよ。アメリカの選手でね、インディアンスの選手ですけども。いくら打高投低っていったね、ピッチャーがだらしない。ちなみに私は二十歳でやってますからね」

     と大谷翔平選手の記録を褒めつつも、アメリカメジャーリーグの投手の質が落ちたため、達成できたのではないかという見方を示す。

     さらに、ゲストの元卓球選手平野早矢香氏が、大谷選手にあっぱれを送ると話に割り込み、

     「今ね、32ゲームなんですよ大谷は。30ゲーム少ないんですよ、今ナ・リーグは65ぐらいのゲームだからね、これ出てればね今ナ・リーグトップが21本ですからホームランが。それくらい打ってると思いますよ」

     と大谷選手の打撃力について、一定の評価を与える。なお、最後に張本氏は珍しく、「最後に訂正。今ナ・リーグって言いましたけど、アメリカンリーグですから大谷は」と発言を訂正。司会の関口宏は「電話が来ますからね」と皮肉とも思えるコメントで締めた。

     張本氏の大谷評と相変わらずのメジャーリーグ蔑視発言に、ネットユーザーからは「またバカにしている」「どうしてアメリカの選手をリスペクトできないのか」「日本投手よりスピードも速いしコントロールもいい。」など怒りの声が上がった。

     渡米前は「大谷は通用しない」と話していた張本氏だけに、通用している理由をメジャーリーグ投手のレベルの低下ということにしたいのだろうが、納得した視聴者は少ないようだ。

    張本勲氏


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【張本氏「アメリカ投手の質が落ちた」サイクルヒット達成の大谷に持論を展開しSNS炎上!張本の現役成績は?】の続きを読む


    張本氏、エンゼルス・大谷翔平のサイクル安打に「あっぱれ」なし!!


    張本 (はりもと いさお、1940年6月19日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家、日本プロ野球名球会会員、韓国野球委員会(KBO)コミッショナー特別補佐官。在日韓国人二世であり、本名は (読みがな:チャン・フン、ハングル:장훈)。
    117キロバイト (18,049 語) - 2019年6月16日 (日) 04:56



    (出典 www.jiji.com)


    さすが張本ってコメントww

    野球評論家張本勲さん(78)が、2019年6月16日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)に生出演し、MLBエンゼルス大谷翔平投手(24)のサイクル安打について言及した。大谷は6月13日レイズ戦で日本人初のサイクル安打を達成。所属するエンゼルスでは球団史上7人目の快挙となった。

    「私は20歳でやってますからね」

    サイクル安打は実力もさることながら、運的要素が求められることから、張本さんは「この選手は運が強いね」とした上で、「このサイクルヒットというのは、力があるだけじゃないからね。まず、ホームランが打てないといけないし、足が速くないといけない。三塁打が一番難しいから」と評価した。

    それでも、MLB日本人選手初のサイクル安打の大谷に対して「あっぱれ」は出なかった。張本さんは「逆を言えば、アメリカピッチャーは質が落ちたね。だらしがないね」とMLB投手の質の低下を指摘。大谷がサイクル安打を達成した翌日にもMLBサイクル安打が達成されたことを引き合いに出し、「いくら打高投低と言ったってね、ピッチャーがだらしない」と張本節全開にぶった切った。

    日本プロ野球界では、今シーズン4月9日に阪神・梅野隆太郎捕手(27)が、対DeNA戦でサイクル安打を達成している。また、張本さんは東映時代の1961年5月7日の近鉄戦でサイクル安打を達成。大谷同様に4打席でサイクル安打を成し遂げており、「ちなみに、私は(サイクル安打を)20歳でやってますからね」とアピールしていた。

    張本勲氏


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【張本氏、エンゼルス・大谷翔平のサイクル安打に「あっぱれ」なし!!】の続きを読む


    「プロ野球選手と元女子アナが離婚危機」!?「アッコにおまかせ」予想にネット騒然。


    松坂大輔「年内離婚」か……浪費妻がボストンで「教育費払えない」と悲鳴!?|エンタMEGA - エンタMEGA
    中日ドラゴンズ・松坂大輔投手と元日本テレビアナウンサー・柴田倫世さんが年内に離婚するのではないかと話題だ。 16日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』では、 ...
    (出典:エンタMEGA)


    候補多すぎるわ。

    2019年6月16日生放送された「アッコにおまかせ」(TBS系)で、視聴者の興味を引くワンシーンがあった。

    この日、同番組は12日に報じられたビートたけしさん(72)の離婚について特集。いつものようにスタジオ内の巨大ボードにまとめられたスポーツ新聞各紙の見出しなどを追いつつ、たけしさん離婚の報道を振り返った。そんな中、同特集の最中に飛び出した情報が、視聴者の視線をクギ付けにした。

    情報の出所は「超有名週刊誌 記者A氏」

    ボードに書かれていたのは、「元人気女子アナプロ野球選手の夫婦が離婚危機と情報アリ!」「別居してから、かなり時間も経っているようで今年の年末までには別れてしまうかも!?」というフレーズ。刺激的なフレーズだけに、進行役を務めるTBSの国山ハセンアナウンサー(28)は、「本当に極秘ネタになりますので、皆さんには本当に言えません」と、スタジオの出演者に対して耳打ちするなどのことすら出来ないと強調した。なお、当該情報の出所は、「超有名週刊誌 記者A氏」となっていた。

    このため、出演していたMCの和田アキ子さん(69)ら一同は一様に驚いた様子で、中でも和田さんは、「あー、良かった。今、あたし、口に出して言おうとした」と、頭に浮かんだ候補の名前が口から出かかっていたと冷や汗の表情。苦笑いを噛み潰しながら、スピードワゴン井戸田潤さん(46)に耳打ちすると、井戸田は「いや、分からないですけど。でも、女子アナと結婚してる野球選手は多いですから...」と逃げ腰のコメントで切り抜けた。

    トークが紛糾する中、国山アナは「皆さん、予想して何かポロッと人の名前を言ったりしないように」と偶然であっても的中させてしまうことを戒めるなどしたため、トークは別の話題に移った。

    ツイッターは「予想大会」に

    井戸田さんの発言の通り、野球選手と女子アナウンサーの結婚の例は多数あるため、当該シーン直後からネット上では、離婚の危機にある夫婦は誰なのかについての議論が勃発。井戸田さんと同様、具体例が多すぎて分からないとする声が上がる一方で、具体的な名前を挙げて予想する者も続々。ツイッターではさながら「予想大会」とでも言える状況となった。

    有名人の離婚ネタともなれば、例え、具体的な名前が挙がっていなくても関心を持つ人は多い。なお、情報源の「超有名週刊誌 記者A氏」について国山アナは、1月6日放送の同番組で紹介されていた「超大物芸能人Xが熟年離婚!?」という情報の出所であり、当該情報はたけしさんについてだったと紹介しており、それなりに信ぴょう性が感じられる情報であるためか、視聴者による「予想大会」は、しばらく止みそうにない。

    J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

    「アッコにおまかせ」には機密情報が集まる!?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「プロ野球選手と元女子アナが離婚危機」!?「アッコにおまかせ」予想にネット騒然。】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。
    136キロバイト (19,321 語) - 2019年6月14日 (金) 02:23



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    凄すぎて言葉も出ない!!

    【偉業達成!エンゼルス・大谷翔平、日本人史上初のサイクルヒット!!】の続きを読む

    このページのトップヘ