野球まるごとチャンネル

野球オタクがお送りする、野球好きのためだけに作られたブログです。
NPB、MLB、高校、大学、社会人と全ての野球関連の記事と最新の道具やオススメの道具をご紹介いたします。

    カテゴリ:試合結果 > MLB


    【MLB】ドジャース移籍の北方が渡米報告「また日本に」 元同僚・武田もエール「悠誠頑張れ」


    元DeNA北方悠誠を獲得のドジャース 決め手は160キロ超の球速と"野球への思い" - Full-Count
    米大リーグ・ドジャースとマイナー契約を結んだ栃木ゴールデンブレーブスの160キロ超右腕、北方悠誠投手が30日、栃木・小山市内の栃木県民球団県南事務局で入団会見 ...
    (出典:Full-Count)


    北方 誠(きたがた ゆうじょう、1994年1月25日 - )は、佐賀県唐津市出身のプロ野球選手(投手)。MLB・ロサンゼルス・ドジャース傘下に所属。 友人の誘いで、小学2年時から遊撃手として軟式野球を始めた。唐津市立湊中学校時代には、軟式野球部で遊撃手と投手を務めた。
    28キロバイト (3,424 語) - 2019年6月13日 (木) 15:35



    (出典 diarynote.jp)


    向こうの指導法が合えばいいな!

    ドジャースマイナー契約を結んだ最速161キロ右腕・北方

     米大リーグドジャースマイナー契約を結んだ北方悠誠投手が23日、自身のツイッターを更新し渡米したことを報告した。コメント欄にはソフトバンクで元同僚だった武田翔太投手も「悠誠頑張れ」とエールを送った。

     北方は自身のツイッターで「6月23日。遂にアメリカに飛び立ちます。少しでもレベルアップしてまた日本に帰ってきたいと思います!! 恩返し。」と綴り、渡米したことを報告した。

     コメント欄にはファンから多くの激励メッセージが送られたが、これには元同僚の武田も反応し「悠誠頑張れ」とサムズアップ絵文字を送りエールを送った。

     DeNAソフトバンクと2度の戦力外を経験したが野球を諦めず、独立リーグプレーを続け米国からのオファーを手にした北方。最速161キロの直球を武器にメジャー契約を目指し異国の地で再び挑戦が始まる。(Full-Count編集部)

    ドジャースとマイナー契約を結んだ北方悠誠【写真:編集部】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】ドジャース移籍の北方が渡米報告「また日本に」 元同僚・武田もエール「悠誠頑張れ」】の続きを読む


    数年間の下積み生活を送るマイナーリーガー、「夢を追うため」過酷な生活を…

     ソフトバンクが、昨年の全米ドラフトブレーブスから1巡目(全体8位)指名を受けたカーター・スチュワート投手を獲得し、日米で大きな話題となった。昨年は右肘の懸念もあり、ブレーブスとの契約に至らなかったスチュワートは、今年もドラフト上位指名候補と見られていたが、“日本行き”という前代未聞の決断を下した。米メディアは、ソフトバンクが出来高込みで1200万ドル以上(約13億8600万円)の契約を提示したと伝えているが、大物代理人のスコット・ボラス氏が「(日本行きのほうが)経済的に断然メリットがある」と語るなど、条件面の違いも決断を後押しした可能性が高い。

     米国では、どんな有望株であっても、マイナーで数年間の下積み生活を送り、メジャーデビューを果たすことがほとんど。その間のマイナーリーガーの生活は過酷だ。米メディアは「マイナーリーガーは最低賃金以下の生活を送っている」とレポート。若手選手が月給1100ドル(約11万8000円)という厳しい条件で夢を追いかけている実状について伝えている。

     特集を組んだのは、ワシントンDCの週間新聞「ワシントンシティ・ペーパー」。「マイナーリーガーたちは夢を追うために最低賃金以下の生活を送っている」とのタイトルで、若手選手がいかに苦しい条件の中でプレーしているかに迫っている。その中に登場するのは、ナショナルズ傘下1A+のポトマックに所属するコールフリーマン内野手ルイジアナ州立大からドラフト4巡目で入団した同選手は現在、球場から約10分の距離にあるホストファミリー宅に暮らしているといい、契約金15万ドル(約1610万円)を手にできたことは「幸運」だったと考えているという。

    「売店でポップコーンを売っている人たちのほうが、フィールドプレーする選手たちよりも給料が良い」

     記事では、フリーマンの友人の中には、収入を得るために「ウーバー」のドライバーを務めている選手もいると紹介。「ドラフト上位指名の選手たちは数百万ドル(1億円以上)の契約金を得ることができるものの、(MLBという)夢を追いかけるために最低賃金を遥かに下回る賃金しか得られていないマイナーリーガーたちが、毎年何百人も存在している」と言及している。さらに、AP通信が報じたデータとして、1Aの選手の月給は1100ドル(約11万8000円)、2Aは1500ドル(約16万1000円)、3Aは2150ドル(約23万1000円)であることも指摘。2014年には、3Aの選手3人が適正賃金と残業代を支払わなければならないという州法に違反するとして、集団訴訟を起こしたこともあったと振り返っている。

     特集では、2013年ドラフト6巡目で入団し、2017年までカージナルス傘下でプレーしていたジミー・リード投手の「売店でポップコーンを売っている人たちのほうが、フィールドプレーする選手たちよりも給料が良いと、ぼくたちはいつもジョークを口にしていたものだよ。普通のファンは知らないことだけどね。ユニフォームを着ている選手を見ると、彼らはおそらく金持ちなんだろうなと思うものだからね。現実はというと、選手たちのお金はほとんどないようなものなんだ。スーツケースにある荷物だけで生活しているんだ。本当に過酷だよ」というコメントも紹介。また、フリーマンも「マイナーリーガーたちはもっと良い給料をもらうべきだと、間違いなく思っているよ。大金をもらえるべきだと言っているわけじゃないんだ。けど、もう少しだけ多くもらえることで間違いなく選手にとっては助けになり得るんだよ。特に、契約金をいっぱいもらっていない選手にとってはね」と証言している。

     米メディアの中には、ソフトバンクに入団したスチュワートが日本でプレーした場合とMLB球団でプレーした場合を比較し、最初の6年間だけで見れば日本の報酬の方が倍の高さになると算出した記者もいた。もちろん、どちらが正解となるかは今後の自身のプレー次第となるが、スチュワートが成功して新たな道を切り拓けば、過酷なマイナーリーガーとしての生活ではなく、日本行きを選ぶ選手がさらに増えてくるかもしれない。(Full-Count編集部)

    日本球界入りを選択し、話題となったソフトバンクのカーター・スチュワート【写真:藤浦一都】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    米ドラフトに異変「31球団目の日本」という選択肢が急浮上! - 徳間書店
    カーター・スチュワート投手のソフトバンク入りは、日本の外国人選手の獲得ルートも変更させてしまいそうだ。 スチュワート投手は、昨年のメジャーリーグ・ドラフト会議で ...
    (出典:徳間書店)


    カーター・スチュワート・ジュニア(Carter Stewart, Jr. 1999年11月2日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州メルボルン出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。 フロリダ州オー・ガリーにあるオー・ガリー高校を卒業した。2017年にはジュニアとして、11勝2敗・防御率0
    8キロバイト (852 語) - 2019年6月19日 (水) 05:34



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    そう考えるとスチュワートのソフトバンク入りは賢いな

    <このニュースへのネットの反応>

    【【MLB】米マイナーリーガーは月給12万円!? 米紙が過酷さを特集「最低賃金以下の生活」】の続きを読む


    大谷の快挙達成で問われる「メジャー投手のレベル低下」は本当か??


    大谷翔平が達成、サイクル安打と運。イチローや長嶋茂雄も実は未達成。(広尾晃) - Number Web
    今年はサイクル安打マニア(そういう人がいるかどうか知らないが)にとっては、堪えられないシーズンになっている。日米で面白いサイクル安打が出ているからだ。
    (出典:Number Web)


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。
    138キロバイト (19,634 語) - 2019年6月21日 (金) 01:04



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    張本が言いたいだけ

     大谷翔平(24=エンゼルス)の偉業達成にケチが付いた。去る6月13日(現地時間)のレイズ戦、3番・DHで出場した大谷は、日本人メジャーリーガー初のサイクル安打を達成した。イチローゴジラ松井も成し遂げられなかった快挙だ。

     それに対し、球界のご意見番・張本勲氏(79=野球評論家)が「アメリカピッチャーは質が落ちたね。だらしがないね」と水をさす発言をし、大谷の快挙達成の翌日にも別選手がサイクル安打を達成したことに触れながら苦言を呈していた。

     アメリカピッチャーは、本当にレベルが落ちたのだろうか。

     大谷の記録達成を許したレイズ投手は、ライアン・ヤーブローと2番手ハンター・ウッドの2人。左腕・ヤーブローは昨季、16勝を挙げた左腕だ。

     「ヤーブローは今季28歳になりますが、16勝を挙げた昨季がメジャーデビューしたシーズンなんです。2014年ドラフト会議マリナーズに指名され、マイナーで鍛えられて4年目にして、やっと素質が開花したピッチャーです。ストレートはさほど速くありません。変化球で打ち損じを誘う技巧派」(米国人ライター)

     「4年目でようやく」という経歴を聞かされると、ご意見番の意見は間違っていなかったことになる。しかし、こんな声も聞かれた。

     「メジャーデビューする直前の17年シーズンでした。3Aで26試合に登板し、13勝、159奪三振マークしました。レイズの首脳陣が他球団への流出を恐れ、それを阻止したほどです」(前出・同)

     まだ伸びしろのある投手として期待されているのは、間違いないようだ。

     ヤーブローは大谷に打ち込まれ、敗戦投手になったが、この日は6イニングを投げて被安打5。つまり、ヤーブローの失点は“大谷絡み”だけだったのだ。初回の大谷の3ラン、そして、5回に大谷が三塁打を放った直後の出た4番・プホルスの2ランだけ。プホルスはアメリカン・リーグを代表するスラッガーだ。ヤーブローは大谷、プホルスの2人には打たれたが、先発投手として責任イニングを投げており、メジャーリーグの投手の質が落ちたわけではない。

     もっとも、ご意見番は「だらしがない」ともおっしゃったので、勝負どころで、3番大谷、4番プホルスに打たれたことを指しての表現だとすれば間違ってはいないが、「アメリカピッチャーは…」と評価するのは正しいとは言い切れない。素直に、大谷をもっと評価してあげてもいいのでは?

     「昨季のヤーブローは主に救援で勝ち星が転がり込んできたんです。今年は先発も任され、真価が問われています。ここまで10試合に投げて5勝3敗です」

     メジャーリーグ中継の解説も務めるプロ野球OBの言葉だ。

     サイクル安打を達成した翌日、レイズが先発マウンドに送り込んだのは、ブレイク・スネルだ。スネルは昨季、サイ・ヤング賞に選ばれた左腕。防御率1点台は、2000年ペドロ・マルティネス以来となる快挙だった。その一流投手との対戦成績は1打数1安打、1四球。スネル攻略に貢献してみせた。

     メジャーリーグの投打の成績を見ると、たしかに「打高投低」の傾向は否めない。しかし、大谷は好投手と対戦し、結果を残したのである。(スポーツライター・飯山満)

    大谷翔平


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷の快挙達成で問われる「メジャー投手のレベル低下」は本当か??】の続きを読む


    メジャーリーグが最新機器を導入!“VRピッチングシミュレーション”とは!?


    【トレたま】伝説の投球をVRで体感:ワールドビジネスサテライト - テレビ東京
    【商品名】 プロ野球のVRトレーニングシステム 【商品の特徴】 プロ野球チームが対戦投手の投球をシミュレーションするVRシステム 【企業名】 NTTデータ 【住所】 東京都江東 ...
    (出典:テレビ東京)



    (出典 diarynote.jp)


    目が悪くなりそう

    テキサス州のオースティン発のスタートアップWIN Realityは、ピッチングシミュレーションWIN Labs」をメジャーリーグに提供しています。

    設定通りのピッチングが見れる

    WIN Labs」は専用の筐体を伴うVRピッチングシミュレーターで、プレイヤーバッターボックスに立ち、そこから設定した通りのピッチングを見て体験することが出来るシステムとなっています。

    動画

    シミュレーションは、ピッチャーの予備動作からスタート。設定した内容に応じたピッチングが行われ、ボールの軌跡も表示されます。実際の投球においては、ボールのスピンを見て取ることも重要ではありますが、現段階ではまだ「WIN Lab」はスピンの描画に対応していません。

    WIN Realityソフトウェアを、マイナーリーグ向けには年間2万5000ドル、メジャーリーグ向けには年間数十万ドルで提供しています。これにはエンジニアらによる日々のサポートといった、サービス費用も含まれているとのこと。

    ニューヨーク・メッツも設置

    ニューヨーク・メッツは、2019年春季トレーニング時に傘下のマイナーリーグチームにおいてVR機器の導入を試験し、4月後半からメジャーリーグチームにも導入しました。現在では、ホーム球場であるシティ・フィールド内にあるバッティングセンターの近くに「WIN Lab」が設置されています。

    チームの複数の選手が言うには、トッド・フレイジャー選手が最も頻繁に「WIN Lab」を活用しているとのこと。試合に臨む前に、VR上でピッチングを眺めておくことで、実際の試合で同様の投球が来たときにも落ち着いて対処が出来るようになる、と本人は語っています。事実、このシミュレーションを練習に取り入れるようになったおかげて、成績が向上している(※)、とも述べています。

    ※編集注:Mogura VR News編集部にて調べたところ、トッド・フレージャー選手の2019シーズン6月18日時点の打率は.2582018年の.213に比べ好調(出典:Sportsnavi

    需要の高まるVRシミュレーション

    その他、複数の選手からもVRによるシミュレーションを練習に取り入れているという声が挙げられています。今では、メジャーリーグの約3分の1のチームWIN Realtyによる機器とサービスを取り入れている模様。昨年までは、同社は主要顧客を1つ抱えるのみであったことからすると、わずかな期間で大きな飛躍を実現しました。

    動画

    (参考)Newsday



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【メジャーリーグが最新機器を導入!“VRピッチングシミュレーション”とは!?】の続きを読む


    【MLB】衝撃の特大ホームラン!計測史上最長弾は米で反響拡大!!


    レンジャーズ・マザラが"メジャー史上最長"の154メートル特大弾! - Full-Count
    レンジャーズのノマー・マザラ外野手が21日(日本時間22日)、本拠地のホワイトソックス戦で「4番・右翼」で先発出場。初回の第1打席で飛距離505フィート(約153.9 ...
    (出典:Full-Count)



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    音がエグいなww

    レンジャーズ・マザラの153.9m弾を現地メディアも続々報道

     米大リーグレンジャーズのノマー・マザラ外野手が21日(日本時間22日)、本拠地ホワイトソックス戦で505フィート(約153.9メートル)という特大の一発をマーク。これはMLB解析システム「スタットキャスト」によると、計測を開始した2015年以降では最長タイの本塁打となった。MLBが歴史的な超特大弾を動画付きで公開。目の当たりにしたファンを仰天させていたが、現地メディアも「衝撃的」「途方もない一発」など続々と報道。驚きが拡大している。

     音が違う。打球速度が違う。マザラの観るものの度肝を抜く、驚愕の一撃は初回、2死一塁の場面だった。ホ軍の先発右腕・ロペスの1ボールからの2球目。94.7マイル(約152キロ)の高め直球を完璧に捉えた。右翼手は一歩も動けない。打球はライトスタンド2階席のさらに最上段につきささる、驚きの飛距離の先制10号2ランとなった。

     MLBは公式ツイッターで「505フィート」と飛距離を記し動画付きで公開。スタットキャストによると、飛距離505フィートは昨年9月にロッキーズトレバーストーリーマークした一撃に並ぶ、計測史上最長飛距離に現地は騒然としている。

     米ヤフースポーツは「レンジャーズのノマー・マザラが衝撃的な505フィートのホームランで記録に並ぶ」「ノマー・マザラがもう少しでスタットキャストを破るところだった」と衝撃の大きさを伝えると、MLBも公式サイトで「マザラの505フィートホームランで目の保養をしよう」と題して、実際の本塁打シーンを動画つきで詳報。「“完璧な当たり”がスタットキャスト史上最長に並ぶ」と伝えた。

    「マザラがどれだけ強くボールを打ったのかは忘れないで欲しい」

     さらに米放送局「CBSスポーツ」は「途方もない一発は、バウンドした後グローブライフ・パークの最上段辺りへ」と見出し付けし、さらに505フィート弾を「こんなの不条理だ」と驚愕とともにレポートしている。

    「もっとボールが高く上がるホームランの方が雄大さがあることは分かっている。しかし、マザラがどれだけ強くボールを打ったのかは忘れないで欲しい。どれだけ強くボールがバウンドしたか見てくれ」とすさまじい当たりだったことに脚光を浴びせている。

     野球の華である本塁打。その中でも歴史に残る一発が飛び出したレンジャーズだが、延長10回に勝ち越しを許し4-5で敗れた。(THE ANSWER編集部)

    505フィート弾を放ったノマー・マザラ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLB】衝撃の特大ホームラン!計測史上最長弾は米で反響拡大!!】の続きを読む

    このページのトップヘ