履正社が3年ぶりの甲子園へ!試合詳細は?



(出典 amd.c.yimg.jp)


惜しかったなぁ

新たに16校の甲子園出場が決定、大阪では履正社と金光大阪が決勝へ

 第101回全国高等学校野球選手権大会は28日、各地で地方大会が行われ、新たに16校の甲子園出場が決定。また、大阪大会では履正社、金光大阪が決勝進出を決めた。

 激戦となったのは石見智翠館と開星が対戦した島根大会決勝。5-5のまま延長戦に突入すると、13回に開星が2点を勝ち越し。しかし、その裏に石見智翠館が同点に追いつき、最後はサヨナラ押し出し四球で決着。8-7のサヨナラで4年ぶり10度目の夏の甲子園出場を決めた。

 石川大会決勝では、星稜が6-2で小松大谷を下した。プロ注目右腕の奥川が9回2失点14奪三振と快投。同点の9回2死満塁のチャンス東海林バックスクリーン右へ満塁弾を放ち、2年連続20度目の夏の甲子園出場を決めた。大船渡・佐々木朗希、横浜・及川雅貴、創志学園・西純矢とともに“高校四天王”と呼ばれる奥川だが、ほかの3投手が地方大会で敗退する中で聖地へと駒を進めた。

 神奈川大会決勝では、東海大相模が24-1の大勝で日大藤沢を下し、4年ぶり11度目の出場。福島大会決勝では、聖光学院が2-0で日大東北を破り、戦後最長の甲子園出場記録を「13年」に伸ばした。宮城大会決勝では仙台育英が東北との乱打戦を15-10で制し、3年連続28度目の甲子園切符。高知大会決勝では、明徳義塾が高知を4-1で破り、2年ぶり20度目の夏の甲子園出場。高知のスーパー1年生・森木大智投手は甲子園出場はならなかった。

 また、作新学院(栃木)、花咲徳栄(埼玉)、国学院久我山(西東京)、津田学園(三重)、立命館宇治(京都)、岡山学芸館(岡山)、高松商(香川)、海星(長崎)、藤蔭(大分)、神村学園(鹿児島)も甲子園出場を決めた。

 大阪大会では、準々決勝で大阪桐蔭を破った金光大阪が7-0で東海大仰星に7回コールド勝ち。履正社は近大付に7-2で勝利した。29日の決勝戦では、金光大阪は2007年以来12年ぶり2度目、履正社は3年ぶり4度目の夏の甲子園出場を目指して激突する。(Full-Count編集部)

28日は新たに16校が甲子園出場を決めた


(出典 news.nicovideo.jp)