鷹グラシアル、3戦連続ホームラン! 3戦計7打点に「チームの勝ちが一番」


ソフトバンク痛手 助っ人グラシアル7月に一時帰国 最長1カ月(西日本スポーツ) - スポーツナビ
福岡ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(33)が母国のキューバ代表に合流するため7月に一時帰国することが分かった。同月末からペルーで開催される国際大会 ...
(出典:スポーツナビ)


ジュリスベル・グラシアル・ガルシア(Yurisbel Gracial Garcia, 1985年10月14日 - )は、NPB・福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手 (内野手) 。キューバ共和国・グァンタナモ州グアンタナモ出身のプロ野球選手(三塁手)。右投右打。 2009年 - 2010年シーズンからキューバの国内野球リーグ
10キロバイト (681 語) - 2019年5月21日 (火) 14:14



(出典 baseballgate.jp)


グラシアルがここまでの活躍を見せるとは。

好調の要因は「自分自身を信じること」

ソフトバンク 6-4 中日(交流戦・6日・ヤフオクドーム

 ソフトバンクグラシア内野手が6日、本拠地での中日戦で3安打1本塁打4打点の活躍を見せて、チームの勝利に大きく貢献した。中日との3連戦で3試合連続本塁打を放つとともに、この3試合で7打点をマークした。

 初回はヒットで出た今宮健太を一塁に置いてセンターへの先制2ラン。そして同点の8回には2死二、三塁からセンター前へ抜ける2点タイムリーチームの6得点のうち4得点を叩き出した。

 8回は2人の走者がダブルスチールを決め、一塁が空いた状態で中日のロドリゲスと対戦。満塁策での敬遠も十分に考えられたが、フルカウントからの低めのストレートを振り抜いた。「相手ピッチャーの情報は少なかったけど、ベンチで(スコアラーの)情報を見たり、みんなで話したりして」と、しっかりと対応してみせた。

 3試合連続の本塁打にも「ホームランを打つことは、個人としての満足感や気持ちよさはもちろんあるよ。でも、チームが勝たないと意味がないし、チームの勝ちが一番。その意味では、この3試合はよかったね」と、フォア・ザ・チームの姿勢を貫く。

 工藤公康監督もグラシアルのまじめな姿勢に「頭が下がる」と敬意を示すが、グラシアル本人も好調の要因を「自分自身を信じること」だと語った。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】


(出典 news.nicovideo.jp)